リング

婚約指輪どんな場所であげたらいいの?

   
女性の憧れのシチュエーションはどのようなものか?
実際のプロポーズシーンの定番とは?
男性の悩みどころとなる婚約指輪を渡す場所やタイミングについて、ご説明します。

婚約指輪とは結婚の約束の記念として男性から女性に贈るものです。
よって婚約指輪を渡すタイミングとしては、プロポーズの時が多いと思います。

最近では、プロポーズ後に結婚指輪と一緒に2人でショップで購入する場合も多いようですが、サプライズで渡したい、渡されたいのが婚約指輪ですよね。
そこで重要なのが婚約指輪を渡すシチュエーション。
つまりプロポーズのシチュエーションです。

女性側が思う、プロポーズの希望は夜景などの綺麗な景色をバックにというのが多いようです。
その他、お洒落なレストランや日常の中、どちらかの家でなどが挙がっています。
このサイトに、エンゲージリングを渡すタイミングに関するページがありました。
必要以上の演出はいりませんが、一生に一度の思い出に残る場面ですのでしっかりと女性を喜ばせてあげたいものですね。

また、女性側からのプロポーズや、決定的なプロポーズがなく結婚するカップルも増えているようです。
これらのパターンでは、その後に男性からサプライズで贈られたり、2人で購入しに行くことになるようです。
どちらにしても、婚約指輪の形としては、結納前には準備しておきたいものです。

現在、婚約指輪を購入しないカップルが増えていますが、婚約・結納時に購入しなくても、結婚して数年たってから奥さんへ婚約指輪に値するダイヤモンドの指輪を贈るということもあるようです。
場所や時期に限らず、女性に一生の物となる贈り物をしたいという男性の気持ちが一番重要なようです。
こちらのサイトでは、あなたの色をカタチにする婚約指輪について解説していました。ぜひご覧ください。
Copyright(c) 2011 エンゲージリング All Rights Reserved.