リング

左手の薬指の意味

   
婚約指輪を着けるところといえば、左手の薬指です。
左手の薬指に対する、古代エジプトの思想とは?
指と婚約指輪がもつ、特別な意味についてご紹介します。

結婚の約束の証である婚約指輪、一生を添い遂げる誓いの結婚指輪。
この二つの指輪、左手の薬指に着けるのが一般的です。
既婚者かどうか見分けるには左手を見ればよいと言われる所以ですね。

この左手の薬指は多くの意味を持ち、婚約指輪・結婚指輪をする指となっています。
古代エジプトの思想では、左手の薬指には心臓とつながる太い血管があり、愛の血が流れているとされています。
指輪をすることで愛と心臓を貴方に捧げるという意味になるようです。

また、薬指には「願いを叶えてくれる指」、左手には「信頼や服従・想念の力・自分への願い」という意味があるとされています。
これらのことから、左手の薬指の指輪は、「男女の愛の証」、「絆を強め、愛を深める」というような願いや意味合いが込められています。
こちらのエンゲージリングと結婚指輪を同時に購入の解説ページも大変わかりやすく、おすすめサイトですのでぜひご覧ください。

左手の薬指にキラキラと輝く指輪、一生の愛の誓いにより添い遂げ、長い年月をかけて、二人だけの輝きや重みが増し、より一層、かけがえのない指輪となっていくでしょう。
一人の人に一生の愛と心臓を捧げるほどの決意が、薬指には隠されているのです。
こちら、お勧めサイトの 似合う婚約指輪を選ぶコツの解説ページも是非ご覧ください。
Copyright(c) 2011 エンゲージリング All Rights Reserved.