リング

婚約指輪の歴史

   
いつから婚約指輪の習慣は広まったのか、どのような形だったのか。
憧れの婚約指輪がもつ意味と長い歴史について。
現代の婚約指輪のありかたについて、ご説明します。

女性なら、誰でも一度は憧れる婚約指輪。
一般的に婚約指輪とは、結婚の約束の記念、婚約の証として男性から女性に贈られるものとされています。

婚約指輪の歴史は古く、紀元前1世紀頃の古代ローマ時代には、婚約の約束、契約証明として鉄製の輪を送る習慣がありました。
その後、金製の輪などを経て、宝石の指輪へと形を変えてきました。

婚約指輪にダイヤモンドが使われたのは、1477年、マキシミリアン大使が公女マリーに結婚を申し込んだ時に贈ったリングが最初とされています。
「不屈の力」や「永遠」の意味を持ち、永遠に輝きを失わないダイヤモンドは現在、婚約指輪にかかせない存在です。
また、婚約指輪を左手の薬指にはめるのは、左手の薬指が心臓とつながり、愛の血が流れているという古代エジプト人の信仰に由来しています。

日本での婚約指輪の歴史は浅く、1960年頃から結納品として贈るものとして普及しはじめました。
また、ダイヤモンドの婚約指輪は珍しく、当時は真珠や誕生石の婚約指輪が主流だったようです。

その後、「お給料の3か月分」というCMキャッチコピーとともに、ダイヤモンドの婚約指輪が主流となっていきます。
婚約指輪の平均価格についての解説はこちらのサイトがおすすめです。
そして、今ではダイアモンドの婚約指輪がプロポーズの場面でかかせないものとなっています。

永遠に途切れない円を愛の象徴として、花嫁に贈られる婚約指輪は、今も昔も変わらず、結婚する男女にとって重要な意味をもつものなのです。
こちらのサイトの 最近の婚約指輪購入の傾向の解説ページも大変参考になるかと思います。
Copyright(c) 2011 エンゲージリング All Rights Reserved.