リング

金属アレルギーは大丈夫?

   
婚約指輪に使われる貴金属についての基礎知識や人気の種類、婚約指輪での金属アレルギーの予防、さらに、金属アレルギー持ちの方におすすめの貴金属ついて、ご説明します。

一生の記念の品となる婚約指輪。
ゴールドやシルバー、プラチナなどの貴金属が一般的には使われています。
そこで、気になるのが金属アレルギーです。

金属アレルギーは一度発症すると、一生付き合わなくてはならず、特定の金属により反応し、皮膚がただれるなどの症状が出ます。
突発的に発症する場合や、アクセサリーなどで特定の金属を着け続けることで反応し発症する場合もあります。

金属アレルギーの発生率は金属の種類により差があります。
婚約指輪は使われる金属の中で、比較的アレルギーの発生率が高いとされているのがゴールドで、実際に欲しくても着けられない方も多いようです。

こちらのサイトでは、金属アレルギーの人の婚約指輪選びについて解説していました。ぜひご覧ください。
ゴールドよりも発生率が低く、人気なのがプラチナです。
少々、価格は上がりますが、丈夫で肌の弱い人でも安心して着けられるなどの魅力があります。

また、シルバーも若い人に人気があるようです。
プラチナと比較すると、金属としての強度が低く、変色などの可能性はありますが、価格が安く購入しやすいのが魅力の様です。

そして今一番アクセサリーで注目されている貴金属が、チタンです。
貴金属の中でも強度が高く、金属アレルギーの発生率が最も低いのが特徴です。
チタンは少し黒っぽい印象で、品があり落ち着いた雰囲気を持っています。
また、軽量な金属で指への負担が少ないのも利点です。

結婚の約束の記念として大切な意味を持つ、婚約指輪。
長くつけるものですから、しっかりと金属の素材も選びたいものです。

金属アレルギーの人は、反応する金属と大丈夫な金属があるので、購入前に皮膚科で金属アレルギーのテストをすることをおススメします。
金属アレルギー反応を起こしにくい素材の中でも、メッキが入っていない純プラチナや純シルバーなどの素材を選んで結婚指輪を選ぶと、金属アレルギー反応の心配をすることなく、安心して指輪をつけられるでしょう。
こちらの、エンゲージリングで失敗しない秘訣のページも参考になるかと思います。
Copyright(c) 2011 エンゲージリング All Rights Reserved.