リング

婚約指輪の予算はいくら?

   
「給料の3か月分」と言われた婚約指輪の予算。
実際にはどの位の価格のものが購入さているのか?
指輪の価格の要素はどのようなものか?
婚約指輪の予算に関する傾向をまとめています。

「給料の3カ月分」というキャッチコピーが有名な婚約指輪。
結婚の約束を交わした証として女性に贈られる大切な品です。
現代のプロポーズシーンに、かかせないものとなっています。

永遠に輝きを失わないダイヤモンドをあしらい、リングもプラチナや金が主流となっている婚約指輪は、やはり高価なイメージ。
しかし、「給料の3か月分」とよく聞きますが、婚約指輪の購入費用の平均としては、30〜40万円が相場となっています。

実際にはカップルによって費用は様々で、デザインやダイヤモンドの大きさ、品質、金属の種類、ブランドなどにより、自分たちの予算に合わせて選択しているようです。
こちらでは低予算も可能な婚約指輪について解説しています。
一生に一度の品ですから、オリジナルのものをフルオーダーやセミオーダーなども魅力的ですよね。
専門ショップのプロのスタッフとの相談で、予算内でのオリジナルリングの作成も可能です。

一方で、結婚する3割の程のカップルは、婚約指輪自体を購入しないようです。
理由として、婚約指輪にかけるお金を、結婚後の生活や新婚旅行の費用にあてたいという、堅実な考えが多く挙げられています。

また、指輪の代わりに時計やその他のアクセサリーを記念として購入する場合もあるようです。

不景気と言われる現代ですが、「結婚の記念のを贈りたい」「愛を形にして贈りたい」という気持ちは、やはり強く存在します。
これからの2人の幸せと希望、自分たちの理想を、2人の形で実現していただきたいですね。 婚約指輪の意味についてはお分かりいただけましたでしょうか。
Copyright(c) 2011 エンゲージリング All Rights Reserved.